スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
父の日記
書いた人:小羽都・鷹栖(里栖の父)

日曜の朝方、仕事から帰ってきた。
部屋入ったら里栖と虎と千夜が雑魚寝していた。
また俺がおらんから集まって騒いだらしい。
とりあえずタオルケットかけてやって転がしといて、冷蔵庫あさった。
中に『チンして食べなや 里栖』のメモと一緒に飯が入ってた。
ちょっと泣けた。

温めて、3人転がってる居間で食うことにした。
狭いが自分の部屋で物を食うなという娘との約束を守る俺は良き父。

里栖の作る飯はいつも美味い。
(だけど俺、実は味オンチだから保障はしない)
TVつけたら、ガキどもを起こしてしまうから
寝息をBGMにもそもそ飯を食う。

後ろからふいに抱きつかれて、飯を吹いた。
「りすぅ~……あれ、なんかゴツくなった?」
気色の悪い寝ボケ虎は沈めておいた、拳で。

そんな虎の手が、千夜の手にかすかに触れる。
千夜はそれを、ぎゅっと握った。
そういえばいつだったか、怖い夢を見るから人の体温が欲しいと言っていた。
とりあえず俺は、虎の手を離させて里栖の手を繋がせておいた。

よし、寝るか。

追記:寝顔がなまら可愛かったんで写メは一応撮っておく。
断っておくが里栖のだけだ、本当だ、絶対だ。
スポンサーサイト
【2007/09/03 01:59 】
日記 | トラックバック(0)
<<おーさかオフに行ってきたんだわ | ホーム | 欠陥>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://corisu.blog53.fc2.com/tb.php/77-ac5c9053
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。