スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
color is ...
土曜日、学校はお昼まで。
あたしは最近見つけた美味しいベーカリーへ向かった。

でもふと、入る道を間違えてしまったことに気づいた。

「は、はれ……ここ…どこ??」

静かで細い通り、なんとなくレトロな雰囲気。
どこかいつも通っている道とは違う不思議な感覚が新鮮で
あたしは元の道へ戻るのをやめて、そのまま進むことにした。

「はわっ!」

突然飛び出してきた黒猫はびっくりするくらい綺麗な目をしてた。
撫でようと手を伸ばすと、するりと抜けて
軽やかな足取りで歩き出した。

「あ、にゃんこさん待ってっ。」

追いかけてあたしも一緒に走った。
猫は一軒の店の軒先で足を止めると、にゃーんと一鳴きして
その店の中に入っていってしまった。

「あーあ…。」

しょんぼりしつつ、ふとショーウインドウを見る。
そこにあったのは可愛らしいアンティーク小物の数々。
オルゴール、ぬいぐるみ、ガラスの置物…。
その中でひときわ目を引いたのは、小さな油絵。

そこにはしなやかな猫が一匹、描かれていた。
それはそれは綺麗な、藍色の猫が、こっちを見ていた。

「……にゃんこさん……槙くんの、色……。」
「マキくんって誰?」
「はわっ?!」

突然後ろから声をかけられて、思わず心臓がはねた。

「智くんっ?! なななんでこんなとこにいるんだべさ!」
「ん?おねーちゃんがこの道にフラフラ入っていく後姿みつけて
 心配で追っかけてきたんだよ。」
「そっか、あは…ははは。」
「で、マキくんって?」
「と、友達に決まってるしょやっ!」
「ふーーーん。」


その後、二人でお昼ご飯いっしょに食べようってことになった。
あたしは最後に、そっとショーウインドウをもう一度覗く。
藍の猫は変わらず静かに、そこに佇んでいた。

『ばいばい、またね』って心の中で話しかけたとき
鳴き声が聞こえたけど、それはきっと、さっきのあの黒猫だよね。
スポンサーサイト

テーマ:Silver Rain - ジャンル:オンラインゲーム

【2007/04/09 23:27 】
SS | トラックバック(0)
<<はじめのいっぽ | ホーム | 《取り扱い説明書バトン》>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://corisu.blog53.fc2.com/tb.php/60-e6d562ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。