スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
虎ちゃんとあたし
今日からおとーさんは長期遠征。
おとーさんがいないだけで、ちっこいはずのアパートも
ずいぶん広く感じて、なまら孤独…。

晩御飯、いつもならおとーさんの為に
メニューをあれこれ考えるのが楽しいけど、一人は違う。
作る気にもなれない…。



休み時間、自分の席でぼんやり外を眺めていたら
廊下から急にあたしの名前を呼ぶ声がした。
そこにいたのは虎ちゃん。
私服だから目立たないけど、ここは高等部で、虎ちゃんは中学生。
だけどそんなん本人は気にしてないみたいで…。

相変わらず人懐っこい笑顔を向けて、ぶんぶん手を振っている。

「どーしたんだべさ、こんなとこまで。」

「母ちゃんが今朝オヤジさんに会って聞いたって。
 お前一人なんだろ?晩飯食いにこねぇ?」

「え……ええんかい?」

「おう!クソジジィも母ちゃんも俺様も大歓迎だぜ!どうする?」

「行く、行くに決まってるしょや!」



虎ちゃんの家は、ほんとにあったかい。
おじさんと虎ちゃんは喧嘩するほど仲が良いっていう、あれ。
おばさんはのんびりしてて、なまら優しい。
まるで絵に描いたような仲良し家族で、憧れてるんだ。
でも、血は繋がってないんだよね…不思議。
雅臣家をみてると、そんなの関係ないんだってつくづく思う。

いつかあたしも家庭をもてるなら、こんな家庭を作りたいな…。

「よっしゃ決まりな!じゃあ今日は校門で待ち合わせて一緒帰ろうぜ。」

「うんっ!」

虎ちゃんはまだまだ子供だし、バカばっかりやってるけど
変に勘がよかったり、裏で支えてくれてる事が多い。
やっぱりとっても大事な存在。

だからどうか、今までどおり、側にいて欲しい。
なんにも返してあげられんのに、こんなワガママ酷いって
自分でも分かってるけど…。

でも虎ちゃんだから、こういうワガママ遠慮なくぶつけられるんだ。



ごめんなさい、それと、ありがとう。
スポンサーサイト

テーマ:Silver Rain - ジャンル:オンラインゲーム

【2007/02/08 23:16 】
日記 | トラックバック(0)
<<新しい場所へ | ホーム | わーわー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://corisu.blog53.fc2.com/tb.php/44-93b06868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。