スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
イヴの夜に
クリスマスイヴ。
相手もいないし、イベントに参加する予定も無かったし
一通り会場見たら帰ろうと思ってたんだけど
気付いたらなんと、あたしがライブに出ることになってた!
誰がビックリってあたしが一番ビックリしたべさ。

初めましての人や、結社のお友達。
たくさんたくさんお話できた。
クリスマスプレゼントまでもらっちゃって、なまらビックリ!
えへへ、森澤君と倉咲君、ありがとね、大事にするからね。


家についたら、おとーさんが先に帰ってた。
「里栖! お帰り、心配するべやーこんな遅くまで!!」
「ごめんなさい、パーティーに参加してたから。」
「ん、そっか、そんなら仕方ねーな。」

缶ビールをぐいっと飲みながら背を向けるおとーさん。
その背中に、あたしはぎゅうっと抱きついた。

「おわ、な、急に…びっくりすんべや里栖、どーしたー?」

あたしはおとーさんの背中が昔から好きだった。
広くてあったかくて、この背中がいつもあたしを守ってくれていた。
知ってる、どんなに辛くて泣いてしまいたい時だって
涙を見せず、背中だけ見せてきた強いおとーさん。
いつもはお馬鹿なことばっかり言ってるけど、ほんとは、一番大好き。
おかーさんの分も、大好き。

「あと何年だろーなぁ、こんな風に里栖が抱きついてくれるんは。」
「一生、だべさ。」
「言ったなおめー、彼氏が出来てもかぁ?」
「出来ても、一生だべさ。」

強くなるから。
今度はあたしが守ってあげられるように。

何年たっても、父娘のこの絆は消えないでしょや。
だから、一生。
誓えるよ、おとーさんとなら、一生を。


おかーさんがおとーさんを好きになったの、わかるよ?
見守っててね、おかーさん。
出来ればあたしじゃなくて、おとーさんを…。


メリークリスマスイヴ
願わくば 皆が笑顔でありますように
スポンサーサイト

テーマ:Silver Rain - ジャンル:オンラインゲーム

【2006/12/25 10:19 】
日記 | トラックバック(0)
<<クリスマス | ホーム | 風の噂>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://corisu.blog53.fc2.com/tb.php/26-45d19875
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。