スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
おさぼり
はわ…ずいぶん長い間放置しちゃった。
登校率も下がっちゃってるし…ネタなくって、あぅあぅ。
え、えと、みんなが嫌いになったとかそんなんじゃないよっ?

そうそう、おさぼり中に、お友達の森君との
ツインピンが完成したんだわ!
07-03-08_12-30~00.jpg

えの絵師さんに大感謝!なまらめんこいよぉ~~~!!!
ぬいぐるみさんに囲まれて幸せ~★
スポンサーサイト
【2007/03/31 01:52 】
日記 | トラックバック(0)
ネタがないからバトンでも
「あの子のことがもっと知りたいバトン」

●そんな6人にバトンを回す(回す人を最初に書いておく)

 月岡君、森澤君、舞野さん…あぅ、6人もいないんだわ。

●名前は?ニックネームは?

 小羽都・里栖、こりすって呼ばれてるよ。

●おいくつですか?

 16歳…ほ、ほんとだもん!!

●ご職業は?

 高校2年生。

●ご趣味は?

 雑貨屋さんめぐりとか家事とか、ぬいぐるみ集めとか。

●好きな異性のタイプは?逆に嫌いなタイプは?

 好き:正直で優しくて強い人、かなぁ。
 嫌い:約束破る人…。

●特技は?

 創作料理!(ぐっ

●資格何かありますか?

 うぅ…なんもだ。 

●悩み何かありますか?

 ちっこいこと、ちっこすぎること。

●お好きな食べ物と嫌いな食べ物は?

 好き:甘いもの、ジンギスカンキャラメル、卵料理、エビフライ
 嫌い:納豆

●最近の喜怒哀楽を教えてください

 喜:みんな怪我なく帰ってきてくれた!
 怒:おとーさんがだらしない
 哀:森澤君が無茶しようとする…
 楽:虎ちゃん家でみんなでご飯食べた☆
 
●ナンパ.キャッチ.勧誘。声をかけられる種類の比率は?

 0:4:6

●今年のクリスマスはどうする予定ですか?

 ん…多分おとーさんとパーティーかな?

●最近告白されましたか?

 そんなことあるわけねーべや…orz

●好きな漫画は何ですか?

 ハチミツとクローバー!

●最近お気に入りの曲は何ですか?

 黄金の月(スガシカオ)

●最近一番キュンとした話を教えてください。

 んと…虎ちゃんの寂しそうな顔とか?初めて見たから。

●最近の買い物情報を教えてください

 ジンギスカンキャラメル大人買い!

●お気に入りのブランドを教えてください

 無印良品

●猫派ですか?犬派ですか?

 どっちも好きだけど…ねこさんかなぁ。

●好きな人はいますか?

 うん、おとーさんと虎ちゃんと、それからそれから…!

●貴方が愛する人へ一言

 洗濯物は洗濯籠にちゃんと入れなや。

●回す6人を指名すると同時にその人の他己紹介を簡単にお願いします!

 月岡君 :最近お花畑に住んでる結社長さん。
 森澤君 :腹黒って言われてるけど実は甘えたさんだと思う!
 舞野さん:明るくて元気いっぱい、なまらめんこいよね。

 暇があったらでええからねー?

テーマ:Silver Rain - ジャンル:オンラインゲーム

【2007/03/04 16:32 】
日記 | トラックバック(0)
手紙
ある日の夕方、借りていたマンガを返すために
あたしは虎ちゃんの家、雅臣寺へ行った。

虎ちゃんは本堂の前に立っていた。
夕暮れに照らされて、ブリーチされた金色の髪がキラキラ綺麗。
手には、白い何かが握られていた。
声をかけようとしたその瞬間、虎ちゃんはそれにマッチで火をつけた。

「ちょっ!虎ちゃん!何してるんだべさ!!」

あわてて駆け寄り奪ってみてみると、手紙だった。
端の焼け焦げたそれに書かれていたのは女性の文字、知らない名前。
虎ちゃんのおかーさんに宛てられたものだった。

「母ちゃんがよ、俺様に読めって。」
「…なんで、読まないの?」
「読む気ねぇから…それ、俺様を捨てた女からだからよ。
 今更なんだっつんだよ、今更…実の親だとかウゼェし!」
「あ…。」

虎ちゃんは幼稚園の頃、孤児院に引き取られてから、雅臣の家にきたらしい。
虐待されて、愛情も知らず、笑わない子だったっておばさんが言ってた。
そんな虎ちゃんが今みたいに育ったのは、雅臣のおじさんとおばさんの
愛情のお陰だってつくづく思うし、感謝してる。
だって今の虎ちゃんが、あたしは大好きだから。

「ガキだからって忘れたわけじゃねーよ…あの地獄の日々。
 だから何書いてあんのか知らねーけど読む気ねぇ!」

声を荒げる虎ちゃん、震える肩。

「あたしが、読んでもいいかい?」
「……別にいいけど。」

興味本位でそう言った訳じゃない。
虎ちゃんのおばさんが、なぜ虎ちゃんにそんな人からの手紙を
読めって言ったのか、真意が知りたくて、あたしが代わりに読もうと思った。

内容は大方想像していた通り。
身寄りがなくなったから、虎ちゃんを引き取りたいっていう
あまりに乱暴で横暴で自分勝手な申し出。
虎ちゃんを捨てた人を憎いと思った。
初めて心から、人を憎んだ。

「虎ちゃん、火、つけなや。」
「え?」
「ほら、早く!」

言われるがまま、虎ちゃんはマッチをすった。
その炎に、あたしが手紙を近づけ、燃やした。
そしてそれは、目に痛い煙を出しながら、空に消えていった。

「これで、共犯でしょや。おばさんには一緒に謝ってあげるからね。」
「里栖…お前。」

困ったような顔をして笑ったかと思うと、虎ちゃんは突然しゃがみこんだ。

「うおおおお!俺様は今、お前を超抱きしめたい!!駄菓子菓子!!
 親父さんとの協定上それは致しかねる!致してしまうと
 俺様ハチの巣にされてしまう!故に里栖!そんな不憫な俺様を
 逆に抱きしめていただきたいーー!!」
「なんの協定だべさ…もう、しょうがないにゃー…今日だけだよ?」

あたしはちっちゃくなった虎ちゃんを、抱きしめて
まるで泣いてる子供をあやすように、背中を撫でた。

「虎ちゃんの'本当の親'は、雅臣のおじさんとおばさんだよ。」
「……おう。」
「親孝行しなや?」
「…………おう。」


悲しみは全部、この空に、もうすぐ世界を照らす黄金の月に
融けて消えてしまえばいい。
そしてお日様が出たら、みんな笑顔に戻れればいい。

ずっとずっと、笑顔でいれたらいい…。

テーマ:Silver Rain - ジャンル:オンラインゲーム

【2007/03/01 17:16 】
SS | トラックバック(0)
必ず…
お願いだから無茶しないで、みんな無事帰ってきて…?
誰が欠けてもダメ。
ダメだよ、絶対。
みんな大事だから、仲間だから。
もし自分に何かあったら、悲しむ人が、泣く人がいるの忘れないで?
あたしも忘れないから。


サポートしてくれる虎ちゃん、ありがと。
でも忘れないでね、あたしを護って身代わりに…なんて事になったら
ずっとずっと、ずーーっと泣くからね?


戦うのは嫌い、だけど頑張る、精一杯。
みんなでまた笑いあえる明日のために…。

テーマ:Silver Rain - ジャンル:オンラインゲーム

【2007/03/01 01:26 】
日記 | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。